やあ!こんにちは! ハットコペです。 よい旅を~


by healthy-takish

つべこべ

たまに思い出すことがあるんだけど、たぶん7才とか8才くらいの頃の話です。
ある日、友達の家で雑誌の付録で遊んでいました。
それは、手動でソノシートを再生する紙製のプレイヤーです。自分の手で音を動かすことに歓喜しました。
帰宅して、厚紙をハサミで切ってプレイヤーとレコードを作りました。手のひらにのっかる大きさです。(少年の手のひらにですよ)
針のかわりとなる爪楊枝を指でつまんで、その厚紙の上をくるくるとこすって回しましたが、もちろん音は鳴りません。
頭の中で音楽を鳴らすと、爪楊枝を持つ指の動きに合わせて音楽が聞こえてきました。
どんな曲だったかは忘れてしまったけど、鳴り響く感じがよかったです。


先日、歩いていたらスコップで雪をかく人が見えました。
スコップが雪をこする動きと、車がガタガタと鳴る音が混ざって、スコップがガタガタいってるようでした。スコップにしてはずいぶんとすごい音だなあ、でした。

そういうのもいいけど、体と音が連動というか直結する感覚はたまらなくいいですね。

つべこべつべこべとすみません。

最近、ミートコップがやたらと楽しいということを書きたかったのです。
[PR]
by healthy-takish | 2011-03-30 01:50 | MEAT COP