やあ!こんにちは! ハットコペです。 よい旅を~


by healthy-takish

山小屋で働いていたときの話

休みを取って京都に遊びに行った。
6月下旬か7月上旬くらい。
一泊1000円の宿は、町屋を使ったところで、中庭があり、のんびりできるところだった。
東京から来た庭師や、スイスから来た人や、家族で来てる人たちもいたな。
小さいテレビもあった。昔のテレビで、大きさは洗剤の箱くらい。

近くには、移転前のメディテーションズレコードがあり、南極の現地録音のCDなどを買った。今でもたまに聴く良盤だ。店内に石垣島のポスターが貼ってあって、、あぁ、南の島に行きたいなあ。

宿に銭湯マップがあったので、それを片手に毎晩、銭湯に行った。せっかくだから毎回違うところにね。
わりと遅い時間まで営業しているところが多くて、夜中の2時や3時までとかやっていて、街っていいなあと思ったものだ。
印象的だった銭湯が2つある。
浴場に水槽があって湯船につかりながら熱帯魚(金魚だったかな)を見ることができる銭湯と、風呂上がりに生ビールを350円で飲める銭湯だ。
風呂上がりに歩くのがまたいいんだよなあ。

あと、宿の近所にあった定食屋。そこはカウンターだけのところで、気さくな感じのおばさんがきりもりしてた。山の写真が飾ってあって、山から下りてきて山の絵を見て。
気軽に入れるおいしい店ってのはいいもので、ふと隣の席には宿の主人が漫画読んで座ってたりして、「あ、どうも。」。宿でまた会うんだけど。

どれもこれも歩いて行ける範囲ならでは。

昼間はひたすらぶらぶらしてたのですが、昼間の話はまた今度にでも。

それではまた。
[PR]
by healthy-takish | 2013-02-20 00:13